皮膚科でニキビ治療を行う際、よく処方されるのがアクアチムやディフェリンです。これらは、ニキビの原因であるアクネ菌に効果が現れる薬です。しかし、アクネ菌が原因でない場合、当然効果は出ません。このような場合に処方されるのが、ニゾラールです。
アクネ菌以外のニキビの原因になるものの一つに、カビの一種である「真菌」があります。真菌は人間の皮膚に存在していますが、健康な場合は特に何の影響もありません。しかし、肌が真菌が好む環境になってしまったり、体調が悪くなって免疫力が低下したりすると、肌に真菌が繁殖し、炎症などの症状を引き起こすのです。
このような真菌が原因となるニキビの場合は、ニゾラールが効果的です。ニゾラールには「イミダゾール」という成分が含まれています。これには高い殺菌力があり、真菌が原因で起こった炎症を鎮める効果があります。同じく真菌を原因とする水虫や脂漏性皮膚炎、カンジダ等にも処方されています。効果の高い薬ですが、ステロイドなどにみられるような大きな副作用がない事が特徴です。ただし、肌への刺激が強い薬のため、使用量を誤ったり肌が弱かったりすると、かぶれてしまう事があります。通販等で購入する事も可能ですが、なるべく医師の指示をよく聞いてから使用するようにしましょう。
真菌によるニキビはニゾラールで沈める事ができます。しかし、重要なのは、真菌が繁殖しやすい環境を改善する事です。せっかくニキビが治っても、真菌が繁殖しやすい状況のままでは、再びニキビに悩まされる事になります。食事の内容やライフスタイルを見直等、根本的な原因を解消する事が大事です。新たにニキビを作らない肌を保つようにしましょう。